妊娠初期を安静に仕事を続けるには?知ってると得するあれこれ!

スポンサーリンク

現代では、男女ともに働かなければ、なかなか生活も成り立ちません。

妊娠しても、臨月ギリギリまで仕事を続ける方も多いです。

ですが、はじめての妊娠ともなると心配になる方も多いでしょう。

特に妊娠中期以降は、体が急激に変化し、心が追いつかず、不安になる方も多いようです。

一般的には妊娠後は安定期に入るまで、仕事も休み安静にする方が良いとされていますが

個人個人で事情もことなり、働くことを選ぶ方も多いはずです。

そんな時のために、極力体に負担が掛からない工夫と、知っておくと得する妊娠のあれこれをご紹介しましょう。

妊娠初期の安静はどの程度まで?気を付けるべき注意点とは?

一般的には妊娠初期は、最も流産しやすいとされています。

赤ちゃんが、お母さんのおなかの中に、とどまっておく力にも個性があります。

本来であれば仕事も控え、重いものを持つことや、走ったりするのは控える方が

良いとされています。

人によっては、悪阻や貧血がひどく、動きたくても動けない方もいるようです。

とは言っても、妊娠は病気ではありませんので、寝たきりで過ごす必要もありません。

スポンサードリンク

気をつける点としては、走らないこと、過度に汗をかくような強度の運動もしないこと

重いものを持たないこと、ヨガやピラティスなどのねじる動きの多い運動も控える方が

良さそうです。

妊娠初期の安静はいつまで?気になる期間はどのくらい?

具体的な安静の期間ですが、これも個人差があります。

一般的には、妊娠4ヶ月以降は安定期と呼ばれていて、妊婦さんの体調が落ち着いてくる

時期と言われます。

ですが、人によってはつばが飲み込めない、食べ物の匂いで気分が悪くなる。

食事を受け付けない、もしくは食べないと気分が悪くなるということもあります。

大切なことは、かかりつけのなんでも相談できる産婦人科医を見つけることです。

不安な気持ちは、へその緒を通じて赤ちゃんにも伝わります。

些細なことだと、自分で気持ちを押さえ込まず、かかりつけ医に聞くようにしましょう。

それに応じて安静にする時期や、仕事のペースなど納得できるように、話し合って

みてください。

まとめ

妊娠や出産は一人でするものではありません。

家族や身近な人にも相談してみてください。

一見妊娠はハッピーで、幸せなことしかないように思われがちですが、

そうやって周りが接することで、妊婦さんを追い詰めることにもなります。

自分ひとりでしんどくならないように、なんでも話せる環境や相手を作ることも、

良い気分転換です。

妊婦さん同士の集まりは、産院や病院でも開催されていますので、時間を見つけて

参加してみてはいかがでしょうか。

大切なことは「母子ともに無事であること」です。

無理のないようにゆったりと過ごしてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする