口拭きタオルが保育園で臭くなる!?カビや臭いの原因と対策はある?

スポンサーリンク

保育園から持ち帰る汚れ物が入ったビニール袋・・・

この袋を開ける瞬間が、毎日かなり苦手になってます。

我が子は可愛いのですが、毎回顔をゆがめて「くさっ!!」

と思わず叫んでしまいます。

なぜこんなに可愛い我が子から、こんな悪臭が~と

不思議でたまりません。

この悪臭の原因は、密閉されたビニール袋の中で、

雑菌が大繁殖しているからなんです。

着替えた服、水で絞った口拭きタオルや、布オムツカバーも

全部一緒に袋に入っています。

このビニール袋の中は、湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい状態

になっているんです。

この雑菌が繁殖した口拭きタオルで、子供が手や口を拭くのかと

考えるとぞっとしてしまいます。

今回は、保育園の口拭きタオルの臭いの取り方や、夏場に心配なカビ対策

についてまとめました。

保育園の口拭きタオルでおすすめも紹介しますね。

保育園の口拭きタオルにカビ!?梅雨時の簡単なカビ対策!

梅雨時期になると、臭いだけでなく当然カビの心配も出てきます。

口拭きタオルにポツポツと黒い点ができていたら、その正体は

間違いなくカビです!!

一度カビが繊維の中に入り込むと、カビを根絶することはできません。

そのために、カビが生えてしまわないように、事前に対策をとりましょう。

カビ対策は、臭い取りの効果も期待できますよ。

まず毎日やっておくと良いのは、家に帰ったらすぐに洗濯し、

除湿器や乾燥機で、できるだけ早く乾かすのがポイントです。

梅雨時期は湿度が高いので、洗濯物の乾きが悪く、

乾いている間(生乾きの時間が長いため)に雑菌やカビが

生えやすくなっています。

次に毎日ではなくても、1週間に2~3回くらいは実践して

ほしいのが熱湯消毒です

簡単にできて、臭い取りやカビ予防の効果が、とても高いです。

75度以上あれば、雑菌することができますよ!

準備するのは口拭きタオルを掴むトングとタライ、沸騰したお湯だけです。

熱湯に30分くらいつけてから、普通に洗濯機で洗えばOKです。

漂白剤を使うのは、小さな子供なので心配というママにも安心の方法です。

保育園の口拭きタオルサイズや素材のおすすめは?

口拭きタオルの素材やサイズ選びも、工夫することで臭いやカビ予防にもなります。

素材は吸水性や吸湿性、速乾性に優れた綿がおすすめです。

特に手ぬぐいは、洗濯した後に30分もあれば、カラリと乾いてしまうので

スポンサードリンク

超おすすめです。

手ぬぐいは、柄が可愛いものが多いですよね。

動物の柄やカラフルな和柄など…とてもプリティーなものがあります。

子供が好きな柄のものを持たせてあげましょう。

一般的に口拭きタオルは、一日に3枚くらい持参するようになっている

保育園が多いと思います。

食事の時に手や口を拭くためのものなので、大判のハンカチサイズぐらいがベストです。

手ぬぐいの少しサイズが大きいかな?と感じたら、適当な大きさに裁断して

ミシンで縫えばOKです。

まとめ

いかがでしたか?

口拭きタオルの臭い取りや、カビ予防対策は参考になったでしょうか?

毎日使うものなので、清潔にしたいですよね。

和柄の手ぬぐいは、機能面だけでなく、見た目もとってもキュートなのでおすすめです♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする